2014年07月13日

あなたの愛犬の名前の由来はなんですか?〜カインズホーム浦和美園店 引地トレーナー〜

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
はじめにポチッとクリックをお願いします!

こんにちは! カインズホーム浦和美園店の引地です.

12月に教室がオープンし、早くも半年が過ぎてしまいました。
早っ! 毎日、頭の中は教室のころとばかりの毎日です。
オープン後、始めの3ヶ月、とにかく経験を積みたいと思い(もちろん、今でも…ですが)
教室を知っていただく為にも、「無料しつけ」や「カウンセリング」を行っていました。
そのお陰で半年でたくさんのわんことオーナー様にお会いすることができました。
お会いしてまず、始めにすること。

それは、「わんこの名前を覚えること」です。

なんで、この子にはこの名前がついたのかな?
想像したり、お伺いしたり… いろんなエピソードが聞ける瞬間でもあります。

さて、皆さんのわんこの名前の由来は何ですか?
子供に名前を付けるのと同様、名前を考えることって楽しいですよね!
•呼びやすい名前?
•かっこいい名前?
•しぐさからつけてみたり、
•見た目の印象だったり…。

ひと昔前は、動物に人間の名字をつけて「田中さん」「佐藤さん」といった名前をつける人もいましたね(^_^)
動物病院やいろんな場所で、名前を書く時、不便そうですが…。
郵便物で「引地 田中 様」とか書かれたら配達の人も迷っちゃいますね(笑)

時々、歴代わんこに同じ名前を付ける方もいらっしゃいますね。
そんな話を聞くと、亡くなってしまった先代のわんこは幸せだったんだろうなと思ってしまいます。

では、うちの犬たちは?といいますと
先住犬の「ラピス」ワイマラナー♀は
子犬の時の目の青さとブルーグレーの被毛の美しさのイメージから宝石のラピスラズリから「幸運を運ぶ」意味も込めて…。おしゃれでしょ(^^)v
そんなラピスは、繊細で甘えん坊、我が家の癒しの存在です。

image001.jpg

「モモ」は、ラピスと同様、宝石の名前を考えましたが、そのふわふわで元気いっぱいの白黒の犬に合う宝石は見つからず….
牛の毛の色から「モーモー」とミヒャエル•エンデの物語「モモ」のイメージで名付けました。名前どおり、好奇心旺盛、自分をしっかりもったじゃじゃ馬娘です。

image003.jpg

しかし、「モモ」は毎年、某ペット保険さんの「ペットの名前ランキング 女の子」の上位に入るほど、人気の名前。
他の「モモちゃん」はやっぱりこんな性格かしら?
まさに「名は体を表す」ということわざがあるように、まさに名前のイメージどおりの対照的な2頭です。

皆さんのお家のわんこたちはどうですか?
ことわざどおりなの?と心配される方は、名付ける時からお気をつけくださいませ…(^^;

とは言うもののトレーナーとしてのアドバイスとしては、
犬が聞き取り安い響き、他の指示とは似てない方がいいのかな…とは思います。
何よりも、これから一番多く呼ぶことになる「言葉」です。
呼んで恥ずかしくないものを是非、選んで下さいね!

犬は「気持ちを読む天才」ですから。
「名前をつけること」は皆さんと愛犬との「関わりの第一歩」です。
新しくわんこを迎える方は、ぜひ楽しんで素敵な名前をつけて
「アイコンタクト」をたくさんとって下さいね!!
image005.jpg
皆さんの素敵なドッグライフを応援しています!!

最後にポチッとクリックをお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


ニックネーム ウィズドッグ at 14:31| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

*自然療法で治療の補充的なアプローチを*

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
はじめにポチッとクリックをお願いします!

こんにちは!横浜市「ノーティドッグクラブ」で教室を担当しております遠藤淳子と申します。
愛犬にはいつも心身ともにHappyでいて欲しい。
病気や症状を抱えている愛犬を少しでも自然な方法で軽減させてあげたい。
シニアのワンちゃんも一日でも健康に長生きできるように。 日々そう感じますよね。
今日は最近パートナーの治療を通して〖自然療法〗について感じた事、出
会った本についてお話ししたいと思います。

image001.jpg

カウンセリングや教室に通われるワンちゃん、トレーナーの皆さんのパートナードッグにも四肢や腰、筋肉や骨格の症状や皮膚のお悩みなどをよく伺います。
関節の炎症や痛みには痛み止めや抗炎症剤が処方され、膿皮症などの皮膚症状にも抗菌剤の
長期内服や強い殺菌シャンプーをやむを得ず使用する事が多いと思います。薬品の使用は早く確実な方法で 多くの動物達が命を救われている事も事実です。
でもできるだけ自然な方法で化学的なものを体に入れずに長生きさせてあげたいですよね。

私のパートナーのあもるも7カ月から「膝蓋骨内方脱臼」でケアをしつつ来ましたが、徐々にレベルが進み とうとう先日、急な動きや停止、ひねり、跳ね等の動作にDrストップが掛ってしまいました。一度進むと外科的手術かその状態のまま行動制限で一生維持するしかありません。

皆さんの周りにも こういう症状の予防法や改善に向けてのケアやトリートメントの方法をどこで聞いたらいいかわからない..という方はいらっしゃいませんか?
私も数年「急な悪化はないですよ^^無理やり我慢させてまで大人しくさせておくより、手術が必要な時までは元気に喜ぶ事させてあげたら…」との話に…全身麻酔や手術のリスクも気になり積極的な治療を先送りにサプリと経過観察できてしまった自分に深く反省しています。

診断、治療、手術の腕は素晴らしい!信頼できる先生に病状や手術の選択肢を詳しく伺えても、予防やリハビリ、筋トレからのアプローチについては理学療法や東洋医学の専門家に委ねる先生もまだ多く 病院では具体策を伺えなくて進行するのを見ているしかない..と悩まれる方もまだまだ多いのではないでしょうか?私も同じ気持ちでいました。

先日 ある方にご厚意でとてもよいマッサージの先生のお話を伺いました。患部だけでなく体全体の骨格や筋肉、歩様、疲労の状態を観察して本当に必要なマッサージを施術して下さる、一回の施術でも目に見てはっきり分かる改善がみられる、と評判の先生です。
医療的理学的身体的原理に基づいた獣医師と連携したメディカルマッサージやリフレクソロジーのできる環境も求められていると感じています。外科的治療が有効で効果が大きいと理解していても骨格の歪みや既についた筋肉の癖で再発をしてしまうかもしれないとの話を聞くと、マッサージや筋力アップ、東洋医学を取り入れた治療法、筋肉を増やしたり体内の毒素を排出して体を柔軟にしなやかにする食生活への改善等 多面的なアプローチで 自分のパートナーに何ができるのか、自分ももっと急いで学ばなければ..と強く思います。

お客様の悩みに多い「触られるのを嫌がる子」や「他犬とうまく遊べない子」のご相談なども 関係性だけでなくもしかしたら筋肉の疲労や骨格のゆがみなどからくる身体的苦痛や四肢の可動範囲が狭くなっている理由からかもしれません。
そのような原因で悩まれたり 困っている飼い主様やワンちゃん達がいらっしゃれば もっと多面的な観察アプローチでご提案もできるように勉強していかなければ..と思います。
そんな事を考えて過ごす中 このような本と出会いました。
イヌやネコを愛する人のための)
ペットの自然療法事典 (GAIA BOOKS) 
価格3800円+税
バーバラ・フュージェ(著者/オ―ストラリア獣医師)
山根義久(監修) 日本獣医師会会長 東京農工大学教授

image002.jpg

予想以上に買ってよかった本でした。
化学的療法や薬品に頼るだけでなく 家庭でできる予防や日常的なトリートメント
食事栄養サポート、獣医師に尋ねるべきこと等 
具体的に専門的に分かり易く書かれています。

愛犬をケアしたい一般の飼い主さんから 犬や猫のプロ、獣医師さんまで
参考になる本かなと思います。
Amazonのなか見!検索 でかなり詳しく内容を見る事ができます。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882827743/ref=oh_details_o02_s00_i00?ie=UTF8&psc=1
お時間があったらのぞいてみてください。


image003.jpg

最後にポチッとクリックをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

ニックネーム ウィズドッグ at 21:22| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド