2014年07月18日

犬と暮らすのに大事なこと〜ホームセンタームサシ京都八幡店 桂川トレーナー〜

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
はじめにポチッとクリックをお願いします!

こんにちは!
ホームセンタームサシ京都八幡店の桂川典子です。パートナーは、ミックス犬のはじめです。

_1000507.JPG

教室に通ってる方はもちろん、教室を覗きにきた方までたくさんの方とお話をさせてもらってると、ペットは欲しいがペットショップで飼うのではなく保護施設から引き取りたいがどうすればいいのか解らないという方に出会います。
はじめは保護施設から引き取っているので、探し方やどんな流れで引き取りまで進むのかなんかをお話させてもらいます。多かれ少なかれ心にいろんな傷を抱えてる可能性もあり大変かもしれないけどペットショップでお金を出して買うのは何が違う気がして、とお話してくださる方を見てるとこんな人がどんどん増えてくれればと思ってしまいます。

IMG_4093.jpg

私は京都で行政の運営している保護施設のボランティアもしています。
京都では、今まで京都市が運営している施設と京都府が運営している施設がありました。そこで市と府が共同で運営するドッグランも併設された大きな施設を作り、そこを活動の拠点とするべく現在建設中なんです。運営は来年度から。ボランティアメンバーは今は準備や現状の勉強や実習に取り組んでいます。

そこで、京都の現状を少し。

京都府の統計では、H19年度の飼育放棄は62 3・飼い主不明の保護は239の合計862頭でしたが、H24年度は放棄261・保護149の合計410頭に減少。H19年度は殺処分693・返還61・譲渡112だったのが、H24年度には殺処分230・返還75・譲渡124となっています。

京都市の統計では、H19年度は放棄176・保護129の合計305頭だったのが、H25年度には放棄112・保護93の合計205に減少。H19年度は殺処分199・返還51・譲渡46・収容中の死亡9だったのが、H25年度には殺処分24・返還35・譲渡134・収容中の死亡4となっています。

この数字をみて、みなさんはどう思いますか?

これらの現状をさらに改善するべく、新しい施設では「動物を通じて命の大切さを感じる場」・「人と動物の正しい関わり方を学ぶ場」・「人づくり・環境づくりを通じて、人と動物の共生を推進する場」をコンセプトに活動していくそうです。

殺処分を減らすには最初に書いたような保護犬を引き取ってくださる方も大切ですが、保護される犬そのものも減っていかないといけません。

ペットショップに並んでいる仔犬を可愛いからと買って帰る前に、ホントに最後まで飼い続けられるのかを考えることも大切。そして、お家に迎えた愛犬と上手くコミュニケーションがとれなくなった時も、もう一度始めて愛犬に会った時の気持ちに立ち返って楽しく向き合っていってもらえればと思います。
楽しい愛犬との生活を送りましょう。いつでも私達がそのお手伝いをさせてもらいますよ。

_1000704.JPG

最後にポチッとクリックをお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

ニックネーム ウィズドッグ at 15:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(^^)ninoと申します。

私は今、ペットショップでスタッフとして働きながらしつけ教室をしています。(一応私もJDA卒業生です)

やはり売る側としても犬を商品のように店頭に並べ販売することに疑問を感じます。将来的には店頭での生体販売がなくなってくれればと個人的には思っています。

以前、うちのペットショップで犬を飼った飼い主さんが相談に来られ、「しつけがうまくできないからもう保健所に連れて行こうと思う」と言われました。できる限りのアドバイスはしましたが、その言葉を聞いてなんとも悲しかったです。

人間の思うようにいかないから、しつけがうまくできないから・・・などという理由で簡単に見捨ててしまっていいものでしょうか。

犬を飼うのであれば最後まで飼えるかどうかしっかりと考えた上で飼ってほしいものです。不幸になるのは犬なのですから・・・
Posted by nino at 2014年07月18日 20:53
こんばんわ。

こんな風に殺処分が減り、数字で現れてくのは嬉しい事ですね。

しかし誰も見てない場所に捨ててく業者等の存在も多々有ります。

一方が改善に近付けば・・・

一方では新たな問題が・・・。

1日も早く共存共栄の出来る社会に成って欲しいです・・・。
Posted by ペットフォレスト湘南平塚店☆担当☆松本 at 2014年07月18日 21:54
ninoさんコメントありがとうございます。返事が遅くなりもうしわありませんm(_ _)m
ペットショップにたくさん犬が並び、売れ残るにつれて値段がさがっていく。そして最後にいきつくところは・・・・
私も日本のペットショップの売り方は悲しくなります。
可愛いからと衝動買いして、しつけが出来ずにお互い幸せになれないのは悲しいですよね。
ペットをモノやファッションとしてもつのではなく、一つの命を預かるんだという意識をもってペットを飼う方が増えるといいですね
Posted by at 2014年07月25日 21:03
松本さん、コメントありがとうございます。返事が遅くなり申し訳ありません。
確かに数字では減ってるものの、捨てる人がへらないと殺処分はなくならない。業者の方が捨てたり、動物の酷い扱いから救い出される大量の犬。これらがなくならないと本当の改善にはならないのでしょうね。
共存共栄、そんな日が一日も早く来るようにしたいですね
Posted by 桂川 at 2014年07月25日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

タグクラウド